読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケツァールの時々日記

米寿の母が胃癌になった!治った!の話から始めましょう

特定検診に行ってきた話からダイエットの話へ

今年から国民健康保険になり、特定検診の書類が送られて来て3ヶ月、どうしようかなあ?どこで受診しようかなあと考えていたら、9月末になってしまった。昨年まで行っていた健診センターに電話をしたら、特定検診の予約は一杯ですと言われた。それで近くの内科に行った。そしてその日のうちに昔から掛かっている眼科にも行った。行ってしまえばなんて事はないのだが、健診センターだと眼科にわざわざ行かなくても済むし、同じ所だと身長、体重、腹囲等の検査のぶれも少ないから。案の定、身長は去年より一気に1.5cm縮み、体重の測り方(衣服の重さの引きかげん)や腹囲の場所も微妙に違った。

行くのが遅くなったのは更に痩せ気味で、気が重かった事と、体調で少し気になる事があり、その受診をどうするか考えていたから。

体重は、母の入院とその後の心配で減少気味である。20歳の頃の私は、母に

「風船で膨らませたようで、走るより転がった方が速そうだった。」

と言われるくらいの体型で、今の1.5倍位の体重だった。

母は術後一時約4㎏痩せたが、私は日頃それよりさらに約3㎏少ない(笑)。身長は母プラス7cm。

今の私しか知らない人に体重の話をすると大受けする。

高校時代運動部で鍛えていたのが、引退して動かなくなったら一気に太った。20歳位の若い女性だもの可愛い服を着たいし、男の子に良く思われたいのは当たり前。ずいぶんダイエットをした。でも食欲は止まらない。この頃はストレスが食欲に走らせた。ダイエットをしている時って、カロリーとか食べ物の事で頭が一杯になっている。そういう時は無理。

就職して規則的な生活を送るようになったら、徐々に痩せて、普通になった。

それが40歳を過ぎた頃から明らかに基礎代謝が落ちてきたと思った。同じ食事量、活動量なのに太ってきたから。このまま中年太り街道まっしぐらかなと思っていたら、いろいろな人生の節目のストレスで、2~3㎏ずつ痩せもどらなくなり、今に至る。

義妹(弟の連れ合い)は仕事のストレスが食欲に走らせ、会うたびに太っていく感じ。友人もストレスが食欲に走らせるのだって。いろいろだね。

健康に問題がなければ痩せていようが、太っていようがどちらでもいいんじゃないかな。ダイエットとか食べ物とかだけで頭を一杯にするのはなんだか人生もったいない。もちろん美味しい物を食べたい情熱は失わずにね。