ケツァールの時々日記

米寿の母が胃癌になった!治った!の話から始めましょう

昨夜の母は2時間毎のトイレ介助でした

 3回分の尿取りパットは使いましたが、役目は果たせず。

1日自宅で過ごしたので、活動が少なく眠りが浅かったのでしょうね。

 泊りのディサービスのスタッフにもトイレ介助について話しましたので、あちらでの様子を教えてもらいましょう。

 

コロナ禍が落ち着いたら、ディサービスの見学をしたいと思っています。

コロナ禍の為、利用前の見学も叶わず、ケアマネージャーの言葉を信じてお任せしたわけで、どういう環境で生活しているのか、どう食べ、どう寝ているのか知らないのです。

今後、終の住まいとして任せられるのかを考えませんと。

ケアマネージャーとも一度じっくり相談したいと思っています。

母にとって、より良い環境ってどうなのでしょう。

 

不思議そうな表情で周囲を見回す母に、

「ここがどこだか分かる?お母さんの自宅だよ」

と言うと

「ふ~ん」

自宅ではなく、私の家に居候していると思っているそうです。

60年前からここに住んでいる事、20何年か前に建て替えた事、むしろ私が居候なのだという事、世帯主である事等を話しても、いまひとつ理解できないようです。

半年近くディサービスの泊りに預けたせいかと思うと、申し訳ないです。

 

よろしければクリック応援をお願いします

今日は母の在宅日でした

母も私も予定のない1日です。

気分的にとても楽です。

在宅日と言っても、母にはきちんと着替えてもらい、メリハリのある生活を心掛けました。以前、パジャマで1日過ごさせる事もあったのですが、私反省しまして、今は違いますよ。

 

 夜のトイレ問題について

せっかく寝ているのにわざわざ起こして、トイレに連れて行く必要はないのでは?と思い至り、4~5時間(3回分)もつ尿パットを使ってみようかと考えました。

母の状態が変ったのなら、それに合わせた介護をすればよいのですよね。

入院中は、夜はオムツをしていて、4回分の尿パットを使っていたそうで、準備はしたのですが、実際は寝ていてくれず、毎回トイレでの介助だったので、使わずじまいでした。

数時間寝ているとしても、トイレにも行くので、紙おむつは使えません。リハビリパンツに長時間用の尿パットを使えばよいわけです。

2回用の尿パットを使う事にこだわる必要はなかったのに。頭の固い私です。

昨夜は、長時間用の尿パットを使うタイミングをはずし、結局3時間毎のトイレ介助でした。

今晩はどうなりますか。

 

飲み込みの悪い母の食事について

最近の定番はトマトです。

湯むきして、大きい物なら半分位、小鉢の中で、キッチンバサミで細かく刻みトロミ剤を少し混ぜると、全くむせずに「美味しい」と食べてくれます。

家にいる時は朝夕出します。水分摂取にも良いと思います。

 

ナスをレンジで柔らかくして、細かく刻んで、魚肉ソーセージやサラダチキン、シーチキンと合わせ、すりごま(最近はエゴマのすりごま)の中華風ゴマ酢和えも喉の通りがよいようです。オクラも母向きです。

 

味噌汁はトロミ剤でとろみをつけても一番むせますし、日本茶もむせます。

 

野菜を使った献立や、水分の多い献立で、脱水にならにように心掛けています。

 

そういえば

元気な頃の母のティータイムの定番は、インスタントのロイヤルミルクティースキムミルクを同量お湯に溶かしたもので、今も出しますが、これはトロミをつけなくても大丈夫。

牛乳とコーヒーを同量合わせたカフェラテも大丈夫。

牛乳の成分の何かが役目を果たしているのかも。

 

よろしければクリック応援をお願いします

昨日は1日草取りをしました

 母を送り出して、一息ついたら、庭の雑草が気になり、折しも夜か朝か雨が降ったようで、地面が湿っているし、曇りだし、

という事で、昼食を挟んで数時間草取りをしました。

 

一日草取りをしても、ほんの一画しかできません。

この日草取りをした一画は、花壇でも畑でもない、隣りの建物の石垣のとの間の家の軒下なので、防草砂利とか防草シート(購入済)、農薬でない除草剤(購入済)等の対応をすればよいのですが、その一歩がなかなか踏み出せません。あぁ

 

蚊取り線香を腰にぶら下げ、もうひとつの蚊取り線香を地面に置いて移動させながら、

草を取ります。

長袖、長ズボン、自作の脚絆的な物で、足首の肌の露出を防ぎ、手袋で手首の肌の露出を防ぎ、農家の女性が被る襟足を覆う帽子を被り、完全装備です(笑)。

それでも、頬やある時は唇を蚊に刺されます。(”耳なし芳一”みたい(笑))

刺されたら、すぐポケムヒを!

お薦めです。

一番効くような気がします。

以前は虫よけを全身にかけていましたが、自分への健康にも良くないのではないかな?

とある時思い、止めました。(全くの個人的な好みです)

山歩きの時は、ひとりの時は蚊取り線香を腰にぶら下げていましたが、団体の時は、電池式の虫よけをザックの肩紐に付けて歩いていましたっけ。

蚊取り線香はずっと昔から使われているわけで、長続きするだけの理由があると思うのですよね。

高齢になるとあまり蚊に刺されないと言いますが、私は例外のようです。

庭のコンポスト生ゴミを捨てに行く時、外に洗濯物を干す時、母をディサービスに送り出す時、迎える時、すべて蚊取り線香を点けて防御します。家の中に蚊を入れたら、集中攻撃されますから。

草取りの話から、蚊対策の話になってしまいました(笑)

 

オリンピックの放送からは意図的に逃げていますが、考えてみたら、昔の東京オリンピックはリアルタイムで見た人間でした。

中学生で、もう今の(建て替える前の)家に住んでいましたっけ。

その時カラーテレビだったかは忘れましたが、この時カラーテレビの普及率が急激に伸びたそうですね。

私も、興奮して、テレビの前に釘付けだったのでしょうね。

開会式の入場行進の音楽はすぐ口ずさめる程刷り込まれていますもの。

国と国との色々な駆け引きとか、世界情勢とか、当時もあったのでしょうが、そんな事を考える頭もなく、あどけなく、競技を楽しんでいた頃の自分が愛おしい。

福島の食材の放射能が心配だからと、独自の給食センターを作って配食する国の子供じみたいやがらせ、あまりに低次元で悲しくなります。それを国としてするって、恥ずかしくないのかな?国の中で、それを恥ずかしいと思う人がいて欲しいと、いるはずだと信じたい。

不参加を表明する方がよほど潔い、カッコイイと思いますけどね。

日本の弱腰も情けない。

話しが更に逸れたところで今日はおしまい。

 

よろしければクリック応援をお願いします

無事朝を迎え2泊3日の泊り付きディサービスに送り出しました

 昨夜は0時過ぎだったので、同じ日付です。

3時間後の目覚ましを忘れ寝ました(!!)

無意識の体内目覚ましが起動したのか(笑)4時に目が覚めました。

尿パット交換だけで済みました。

ふぅ

安心して改めて寝て、6時半起床。

母もトイレに起こしました。失禁なし。

もう一度ベッドに横になってもらい、私は急いでシャワー、朝食準備、母を起こして、モーニングケア、朝食、ちょっと時間が押していたので、後半は介助。

服薬

仏壇の父へご挨拶

「お父さん早く帰ってくれば良いのにね」

意味不明です。

亡くなっている事を忘れた???

初めての発言です。

今までは

「お父さん良い人だったよねぇ~」

(生前そういう類の誉め言葉はなかった(笑)。亡くなると美化するのかな?)

という発言ばかりだったのに。

ドキ!!

認知レベルが進んだ?

 

途中トイレ介助したり、連絡欄に記入したり・・

8時半になったので、そろそろ玄関で待機しようと玄関に連れて行ったら、

ピンポ~ン

慌てて、マスクをさせ、手伝ってもらって靴を履かせ送り出しました。

やれやれ。

 

お迎えは 8:50

となっているのに、その日によって

8:30

だったり

8:40

だったり

文句を言うべき?それも億劫。

だから毎回 8:30 と思って準備するのです。

待たされたら、玄関で母と新聞の話題やらよもやま話をして過ごすのもいいかなと。

 

母関連の洗濯を済ませ、ようやくのんびりしています。

今日は何の予定もありません。

 

オリンピック?

全く興味なし。

関連のテレビも一切観るつもりもありません。

 

感染動向が見ものです。

 

よろしければクリック応援をお願いします

母の定期通院の為、恐怖の4連泊、最終日です

 1泊目は無事でした。

夕食後のトイレ介助後、朝食で起こすまでの回数は6回、うち3回は尿パット交換。

通院も順調、昼食後排便、朝食から夕食前までのトイレ回数は6回、うち尿パット交換は1回。

 

2泊目

18:20 尿パット交換

22:05

  3:20 チャイムで起こされたのではなく、私がトイレに起きたのです。

5 時間以上経っていたので、不安を感じ母の様子を見に行きました。

センサーが反応する動き(ベッドから横に手足を出す)をせずに、失禁したのか、トイレに行きたいなとは思っても思うように身体を動かせなかったのかはわかりませんが、ベッドの中央で寝ていました。

シーツ迄の漏れでした。

清拭、着替えと、シーツ、防水シーツ、タオルケットの総入れ替えをして、母を寝せ、私も洗濯と悩むのは夜が明けてからにして寝ました。

ケアマネが

「トイレ介助の間隔が長時間の時、横漏れは大丈夫ですか?」

言っていた事を思い出しました。

こういう事だったのですね。

尿パットの種類を変えるか、トイレ介助の頻度を考えませんと。

 

この日は日中だけのディサービスへ

私は大量の洗濯物を片付けました。天気が良くて良かった。

 

3泊目

0時過ぎまでは起きていたので、チャイムで介助、その後は3時間後にセットして、

寝て、介助しました。

成功でした。

この日は、祝日なので、半日のディサービスはお休みです。

1日母と過ごしました。

午後の昼寝の後はテレビ(ワイルドライフ等) を一緒に観て、体操したり、移動はできるだけ歩いて、夕食後は姉や弟とzoomでおしゃべりをして・・という1日でした。

日中のトイレの回数が多い多い。朝食前から夕食後就寝前のトイレの回数が9回!でした。間隔が1時間から1時間半です。

 

0時を過ぎたのでトイレ介助をして、目覚ましをかけ寝ます。

無事朝を迎えられますように。

 

よろしければクリック応援をお願いします

やはり介護保険料が安くなっていました

quetzal2013.hatenablog.com

 の記事で、介護保険料が変わらなかったと書きましたが、その後、保険料の決定通知が来て、やはり安くなっていました。

約半額になっていました。

母に至っては、ウン百円の世界です。

それで、目一杯サービスを使っているのですから、申し訳ないです。

自己負担も1割ですしね。

 

肩身が狭いですが

父も私も若い頃たくさん働いて、たくさん(かどうかはわかりませんが、それなりに(笑))税金を納めた事に免じてお許しいただけたらと思います。

若い時は医療保険介護保険も保険料金を納めるだけで、年齢と共にこんなに恩恵に与かる事になるとは思いませんでした。

  

よろしければクリック応援をお願いします

またまた大失敗! 母のトイレ問題

 昨夜0時過ぎにトイレ介助を済ませ、

『さあ寝ようかな』

と思ったところまでは覚えているのですが、気が付いたら

5時!

居間で寝てしまったのです。

テレビの音に紛れ、隣りの部屋の呼び出しチャイムに気付きませんでした。

母の様子を見に行ったら、センサーとは反対の向きで寝ています。

『トイレに起きなかったのかな?』

でも

サイドテーブルの上の電気スタンドが点いています!

トイレ介助の後消したはずなのに・・

と思いつつ、起こしました。

 

靴下を履いています!

 

トイレに行きたくて、スタンドを点けたり、靴下を履いたり頑張ったけれど、私が行かなかったので、(幸いひとりで起き上がれなかった)諦めて(尿パットに排尿して)また寝たようです。

 

トイレに連れて行って、リハビリパンツと尿パットを交換しようしました。

ズボン下、パジャマも、そしてシーツ、タオルケットも全滅でした。

上衣(肌着、パジャマ)も。

汚れたのは腰、臀部あたりなので、そこは重点的に、ついでに汗ばんでいた上半身も清拭してさっぱりしてもらいました。

(本当はシャワー浴をさせたかったけれど、私の腰が壊れそうで、介助できません。)

防水シーツが役目を果たしてくれて、ベッドパッドやマットレスは無事だったのが不幸中の幸いです。

 

大量の洗濯物ですが天気が良いのでカラッと乾きそうです。

 

またまた母には気の毒な事をしました。

 

ひとり介護の限界??

リハビリ特化型短時間ディサービスのPT さんが

「困っている事はありませんか?」

と、むせ込みの改善のアドバイスや、座位をまっすぐに保つアドバイスとかをくださるのです。

とてもありがたく、アドバイスに従って介護しますが、私の悩みは、もっともっと根本的な事なので、煩わしいと感じてしまうのです。

「訪問してアドバイスしますよ」

と言われると、家の中の整理整頓をしなければならないのが億劫で、訪問を断ります。

あのPTさん、どうも母を研究材料にしているのでは?と思えてしまうのです。

介護者の根本的な悩みまでは思い至らないような・・

 

話が逸れたので、今日はここまで。

 

来週の定期医院の為、今日から3泊4日母を預けます。

その後は月曜夜から4泊の在宅介護が待っています。

火曜は通院

水曜日は1日のディサービス

木曜日は祝日で半日のディサービスがお休みなので、日中も母を看ます。

 

月曜夕方までの自由時間を有効に使うぞ!

 

 

よろしければクリック応援をお願いします