ケツァールの時々日記

米寿の母が胃癌になった!治った!の話から始めましょう

警察からの留守電にビビる

外出中は携帯電話をマナーモードにしていたので気付かず、帰途につく前に携帯を見たら、電話の着信と留守電の表示が出ていました。

知らない電話番号だったので、何だろう?と思いながら、留守電を聴きました。

◇◇警察署の〇〇です。・・・・(聞き取れず)。また連絡します。」

えっ?

警察?

 

もう一度留守電を聴こうと思いましたが、スマホの操作が分かりません。

何だろう何だろう

と思いながら、帰宅。

自宅の固定電話にも着信がありました。(メッセージなし)

 

思い悩んでも仕方がないので、返信しました。

市内のとある場所で、当て逃げ?ひき逃げ?事故があり、車のナンバーの一部しか分からないので、そのナンバーを含む車の所有者に聞いているとの事でした。

「今日は車で出掛けましたか?どういうルートで走りましたか?車種、車の色は?」

と聞かれ、何のやましい事がない私は、すらすらと答えましたが、やはり動揺していたのでしょうね。

「家の路地を出て、ずーっとまっすぐ走って、突き当たった所で曲がり、◎◎◎◎に行き、今そこから帰ってきた所です。」

警察の方、何の突っ込みもなく最後まで聞いて下さいました(笑)

電話を切ってから、

右も左も、北も南も、走ったルートの地名も言わず、目的地だけしか言わなかった自分のアホさ加減に笑ってしまいました。

 

電話を切って、落ち着いてから、改めてスマホの留守電の聴き方調べ(スマホに話しかけて(笑))聴きなおしたら、

「交通事故の件で聞きたい事があるので・・」

と言っていました。

 

警察のお仕事の一端に触れた貴重な体験でした。

 

ただ、ひとつ思ったのは、警察は固定電話だけでなく、個人の携帯電話の番号も知っているんだ!!

という事。

 

よろしければクリック応援をお願いします

 

市民健診進行中

今週はようやく市民健診のうち別に申し込まなければならなかった癌検診のうち大腸と胃の検査が終わりました。

肝心の特定健診(基礎健診)は、申し込む時期が遅くなり、年内分は受けられませんでした。年明け1月の健診予約を年末に取らなければなりません。

大腸検査は、5日以内で2日分の検体を都合の良い日と場所を選んで届けます。(現役時代の健康診断では5日より短かったような・・とても大変だった記憶があります)

私は地域の市民センターの回収日に合わせて計画(笑)。

その日は母の在宅日だったので、迷いましたが、30分位で往復できるので、決行!

大丈夫でした。

教会の用事でやはり30分位の外出予定があったのですが、これもなんとかクリア。

母の在宅日に用事を入れるのは、本当はやめた方がよいのですけどね。

トイレ介助後ベッドに寝せて、目の前に張り紙をして、出かけるのです。

 

話が逸れました。

大腸検査の結果は2週間後位に郵送されるそうです。

 

そして今日は胃カメラでした。

整形外科でお世話になっている総合病院の検査で良かった!

もしも何か見つかってもそこの内科に診て貰えるでしょうから。

勝手知ったる病院なので、動きは慣れたものですしね。

市民健診では、緊張を解く注射はしないそうで、胃の中の泡を消す薬を飲み、喉を麻痺させるスプレーをされ、意識がしっかりした状態で検査されるのは、短時間とは言え、かなりしんどいものでした。

胃カメラの先端が今どこにあるのか、わかるのです。

十二指腸のあたりに行った時は痛苦しくて・・

おへそのあたりまで行ったようです。

今までの胃カメラは、注射をしてもらえるので、検査が始まったとたん爆睡でしたから、いかに楽だったか実感しました。検査後も30分位休ませられるのですが、やはり爆睡していましたっけ。次の日の朝まで運転禁止でした。

最近、胃痛が続いていたので、何かあるのでは?とドキドキでしたが、

大丈夫のようです。

詳しい結果が来るのは1ヵ月後だそうですけどね。

ずいぶんかかるのですね。

 

次は、子宮がん検診ですが、これはまだ病院を決めていません。現役時代の健診先は予約枠がとても少ないので、無理でしょうから、近くで決めようと悩み中。

マンモグラフィー検査は1月の指定日時に検査に行きます。

 

肺がん検診は、今年は省略。

昨年末の入院前の検査で、肺のレントゲン撮影や肺活量検査もしているので、いいかなと。

 

現役時代の健康診断は、隔年の婦人科健診も含め半日ですべての検査をするので、とても効率的でしたが、市民健診はなかなか大変です。

 

まあ70歳の節目なのできちんと受けたいと思います。

無料というのもありがたいことです。

 

よろしければクリック応援をお願いします

母が1泊のディサービスから帰ってのひと言

「あら 髪切ったんだね」

えっ?

前日の朝の私との違いが分かっている。

時々まともな事を言う母に驚かされます。

「よく分かったね」

と言うと

「だって髪を切ってさっぱりしたから」

いたってまともです。

 

週一回、姉と弟との3ヶ所でZOOMミーティングをします。

夕食直後なので、毎回姉や弟が

「今日の夕飯は何を食べたの?」

と聞くのですが、

答えられたためしがありません。

「ラーメン」「うどん」(食べたい物を言っているようです)

でなければ

「忘れた」

 

それが、ある日のディサービスの帰りが30分位遅くなった事があるのですが、(いつもより遅くなるという連絡は入っていました)いつもと違う車で、スタッフもいつもの人ではありませんでした。

帰って来てから、

「今日は遅かったね。〇〇さん(スタッフの名前)に久しぶりに会ったわ。」

と言うと

「車が故障して、いつもの車が使えなかったからだよ」

と、さらっと言うので、これまたビックリ。

まともだ。

 

時々普通のやりとりができるのです。

面白いです。

 

f:id:quetzal2013:20211013192753j:plain

よろしければクリック応援をお願いします

95歳になっての収監・・人生の終盤で

ニュースで、例の車の暴走事故の加害者の95歳の男性が、収監された(される?)話を聴いた。

ここにきて、ようやく自身の過失を認めたそうだ。

過失を認めた事

控訴しなかった事

が、被害者の気持ちをいくらかでも軽くしたなら良いが。

 

当時、社会的な地位が高かった人の特別扱い(必ずしもそうではないらしい)とも思える対応にずいぶん腹が立った。

過失を認めないまま通すのか?

このまま逃げ切るのか?

今回

正しい判断がなされたと言ってよいのでしょうね。

 

どんな華々しい人生を送ってきていても、

どんな社会的地位が高い人生だったとしても、

人生の終盤に

収監される事態になってしまった、してしまった自分をどう振り返っているのか?

考えさせられる。

 

自分自身、人生の終盤に向かってどう生きるのか考えさせられる。

 

だからこその

断捨離!

 

庭で発見

f:id:quetzal2013:20211013091716j:plain

よろしければクリック応援をお願いします

 

ちょっとだけ断捨離

先日、飾ってある写真が目に入った。

母が曽孫のひとりと写っている写真だった。

 

あっ

母が着ているグリーンのカーディガン、今の季節に丁度いい!

 

この秋口、母に何を着せて良いかとても迷う。

 

去年は日帰りのディサービス利用が多かったので、脱ぎ着のし易さはあまり考えなくて良かった。

今年は泊りとセットが多いので、気を使う。

季節の変わり目は気温の上下が激しいので、更に気を使う。

 

2年前の教会のクリスマスのお祝い会で、出し物をするのに、クリスマスカラー(緑か赤)の物を着る事になって、母から借りようと、ずいぶん探したのに見つけられなかったカーディガンである。

箪笥の引き出し、衣装ケースに見当たらない。

更にあちこち探した。

寝具を入れている、物入れを見たらあった。

ところが、虫食いの穴発見!!

カシミア100%の良いものだったのに(´;ω;`)ウゥゥ

 

まだ母が自分で衣類の管理をしていた時なので、クリーニングに出すとか、防虫剤と共に衣装ケースにしまうとかをしていなかったのだ。

 

同じ場所に、古~い分厚いニットのジャケットも発見。これから着る可能性ゼロ。

 

どちらも、捨てる事にした。

ただ、素敵なボタンがついていたので、それはキープ。

衣類を処分する前に、ボタンやファスナー、バッグ類の金具等を取り外して保管しておくと、何か作る時に、便利。

 

ちょっとした断捨離だったが、もっと片付けなければ!!

と反省して、今度は冷蔵庫へ。

 

賞味期限が切れてかなり経つ、ドレッシング、オタフクソース、ピザソース、使いかけの高野豆腐

海外旅行で買ってきた(何年前?(笑))クルミのジャムの瓶2個(誰かのお土産にと思ったが、日が経ってあげるタイミングをはずし、私はジャムを食べないしで、ず~っと冷蔵庫の中にあった)

 

たいした量ではなかったが、少し冷蔵庫の中が広くなった。

さて次の断捨離は?

 

ペチュニアがまだ頑張っています

f:id:quetzal2013:20211013011659j:plain

よろしければクリック応援をお願いします

あんたの為に長生きしないとね・・今朝仏壇の前で私へのひと言

母がいる時は、朝仏壇の父にふたりで挨拶をします。

(いない時は・・省略🙇)

私は、父に、母の無事な一日をお願いします。

母は毎回

「お父さん、なんで早く死んじゃったんだろうね」

とつぶやきます。

父は81歳で亡くなったので、早世という訳ではありませんが、もう17年経ちますので、若くして亡くなった感があるのですよね。

今日は、何故かもう一言

「あんたの為に長生きしないとね」

その心は?

私がひとりになったら可哀そうだからだそうです。

親心なんですね。

 

私としては、有難いような、そうでないような・・複雑

 

ふたり分の年金で暮らすのは、裕福とまでは行きませんが、生活に困る事はありません。このコロナ禍なので、更に出費が少ないし。

その点では長生きしてくれる事に感謝!

問題は、私の身体が持つかどうかですね。

そうそう医療費だけが増大中でした。

 

なんたって今月末には

70歳!

さそり座の女(お婆さん)(笑)

 

関東で強い地震があったようですね。

姉、弟共に被害はなかったそうです。

最近地震が多いような・・

 

シュウメイギク

f:id:quetzal2013:20211007231422j:plain

よろしければクリック応援をお願いします

知人の母上が他界しました

母と殆ど同じ年齢の方です。

誤嚥性肺炎だったそうです。

このコロナ禍なので、家族葬で、参列は叶いません。

 

誤嚥性肺炎

と聞くと、

他人事ではありません。

嚥下障害のある母には、その可能性が大です。

自宅での誤嚥は避けたい

切実な願いです。

因みに知人の母上は入所中でした。

 

早朝5時にトイレに起こされ、トイレ介助してベッドに寝せたら、

「おなか空いた。ご飯まだ?」

と言われたり、

朝食後、一息ついて、トイレ介助後、私が銀行に行く用事があったので、ベッドに横になってもらい、

『銀行に行って来ます。すぐ帰ってくるね。』

と目の前に張り紙をして、声掛けをしたら、

「何かおやつを買って来て」

と言われたり。

食欲旺盛な母です。

嚥下障害で、食べる物が限られるのが本当に気の毒。

 

シュウメイギク

f:id:quetzal2013:20211004220527j:plain

よろしければクリック応援をお願いします