ケツァールの時々日記

米寿の母が胃癌になった!治った!の話から始めましょう

よもやま話

大谷選手が結婚したニュースで世界中がビックリ。

どんなお相手なのか興味津々。

と言う程の興味は実はない。

毎日大谷選手がどうしたこうしたでマスコミは大騒ぎ。

そんなに大騒ぎする程の事?

よくわからん。

年と共に、心が躍る的な感情がなくなってしまった。

 

それはそれとして、私と同年代の何処かの町長の、セクハラ、パワハラ騒動。

こういう人が行政の長をしていた事に呆れたし、自覚がない事に呆れたし、周りに正す力がなかった事、意識が低い事に呆れた。

本当に呆れた!

私の年代は、出勤したら部署の机の上を拭いて、部署の人へお茶を出すのが当たり前の事だった。

男女差のない専門職だったにも関わらずである。

でもセクハラもパワハラもなかった。

お局さんの指導にピーピー泣いた事はあったが、本当に私がアホだったから。

上司や先輩には助けられた記憶ばかり。

そのうち、自分の事は自分で、という流れになって、お茶くみもなくなった。

関東時代の最初の職場は良い職場だったと今更ながらそう思う。

話の趣旨がズレた?

ともかく

年代の問題ではなく、その人間の人格の問題で、ここまでそれを許した周囲の問題なんだね。

多くの政治家の言い逃れ体質と責任感のなさも、結局はそれを許している私達の責任なのかな。

 

お越しいただきありがとうございます

よろしければクリック応援をお願いします   

にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

絶交から復活した友人が、お喋りに来た

前回からまだ1ヵ月なのに。

前回、うっかり検査入院の話をしてしまって、入院中、心配して、もうひとりの友人に様子を聞くメールをしたそうで、直接報告したのだった。

その流れで、3月の治療入院についても知らせた。

思い詰める性格なのだとつくづく思う。

メールが来た時は正直気持ち的に少し引いた。

へたに出てまた思い詰められるのが怖くて、軽く

「歓迎です。どうぞ」

と返信して、都合の良い曜日をいくつか伝えた。

今回はもうひとりの友人には声を掛けなかった。

3人になると、もうひとりの友人の現在の家庭事情の愚痴を延々と聞く事になるのが明白だったから、今回は2人でじっくりお喋りしようと思った。

 

候補日の一番最初の日が昨日。

かなり荒れ模様の天気予報を観た前日

「荒れ模様の予報だから、中止にしませんか?」

とメールしたら

「行く気満々なので、とめても無駄」

と来た。

私よりよろよろの杖歩行で、我が家から数十㎞の距離の自宅から、お連れ合いに最寄りのJR駅に送って貰い、私在住の最寄り駅へ、そこから約4㎞タクシーで我が家へ。

悪天候の中そこまでして来るって・・・

今生の別れ

位に思っているのでは?

それこそ、これ以上何を言っても無駄と思ったので

「判断はお任せしますが、くれぐれも無理しないで」

と返信した。

そして当日、

強風ではあったが、積雪はなく、JRも時間通りだったそうで、予定の時間に来訪。

 

グルメの彼女の為、今回は別のお弁当屋へ注文。

大正解だった。

前回は1750円、今回は2000円、内容は倍位のレベルだった。というか前回の弁当が1000円位の内容だった感じ?

遠路はるばる来るから、ご馳走すると言っていた事に気を使ったか、彼女は地元の千疋屋的な果物屋から、果物を手土産に。

デザートに美味しく頂いた。ほぼ弁当代。

それにしても、お互い散財しすぎ?

まあいいか。

 

「今生の別れだとでも思っている?」

と聞いたら、それに近い気持ちだったようだ。

彼女、癌の再発で最近入院した友人がいて、いつ何があるか分からないという気持ちが一層強くなったそう。

それは私も同じ。

夕方まで5時間位、たっぷりお喋り出来た。

 

帰りにちょっとしたハプニング。

タクシーを呼ぼうと電話したら、今一杯で、時間の目途も立たないという。

彼女の知っている会社に電話しても、同じ。

初めての経験だった。

私が車で送るしかないと腹を括りかけた時、1時間に1本のバス時間に近い事に気が付いた。

バス停は目と鼻の先なので、彼女の負担も軽い。

バス停まで送り、彼女がバスに乗るのを見届けた。

バス終点とタクシー降車地点から駅までの移動距離も殆ど変わらない。

これからはバス利用が良いかも。

まぁ彼女が決める事だし、3人の時はもうひとりの友人が送る事になるし、その時はその時だ。

 

タクシー業界の異変を感じた出来事だった。

いろいろな所でドライバー不足なのかな?

平日の日中なのに。

多少悪天候だった事が原因?

 

お越しいただきありがとうございます

よろしければクリック応援をお願いします   

にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

知人が他界した

新年早々知人が急死しいろいろ考えた。

 

そして昨日また知人の他界の知らせを聞いた。

数年前にお連れ合いを介護の末に見送り、2年後位から体調が悪化、入所、入院、そして他界。

キリッとしていて、近寄り難い感じだったのだが、お連れ合いとおふたり、私も友人と参加した海外ツァーで近しくお話する機会を持てた事で、親しくなり、お連れ合いを亡くされた後、東京へのお上り旅や、近場の日帰りツァーをご一緒したのだ。

最後の日帰りツァー後まもなく体調を崩され、ツァーの時に撮った写真をお渡しする機会がないままになってしまった。

女性は、お連れ合いを亡くした後、復活して、元気に老後を送る人が多い(母がそうだった)が、彼女の場合は違ったようだ。

とても残念。

80歳少し過ぎた位のお年だった。

身近な人の他界の知らせを聞くにつれ、一層自分の終活を進めなければならないと思う。来月の入院の前にいろいろ整理しなければ。

 

おまけ

先日友人の来訪に合わせ、ネットスーパーを利用し、昼食用のお寿司他色々買い物をした時、前回シチュー用牛すね肉を買って作ったら美味しかったので、また買った。

デミグラスソースはなかったので、赤ワイン、カットトマトに市販のビーフシチュールーを使って作ったら、美味しかった!

ただ、肉の味は前の方が良かったような気がするのは気のせい?

今度、奮発して国産牛で作ってみようかな。

 

お越しいただきありがとうございます

よろしければクリック応援をお願いします   

にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

牧師先生とお話しした

今日は予定通り教会を休んだ。

 

先週半ばの事

なんと!

牧師夫妻の家庭訪問だった。

日時を約束して、教会へ出向くつもりだったのに、

「差し支えなければ、◇◇(夫人のお名前)と伺いたいと思いますがいかがですか?」

とのこと。

拒否する強い理由もないので、

「お待ちしています」

と答えた。

体調が優れなくなってからは、誰かが来るとしても、たいして

「家の中を綺麗にしなければ!」

とは思わなくなっている。

なんといっても牧師先生だ。

いつもより少し念入りに片付けた。

居間から玄関に向かう時に視野に入る階段に置きっぱなしの箱類とか(笑)

 

牧師先生に話した事

教会のお墓に入ろうと思うに至った経緯

・家族関係やこれ迄の人生について

牧師先生をお迎えするにあたり、30年前受洗する時に提出した、

 詳しい履歴書みたいな物

 信仰告白

を引っ張り出した。

当時の家族関係は、義兄も存命、甥姪も小学生から大学生、両親も若い!

住所も別の所

仕事も当然現役

と、時代の流れを感じた。

教会には歴代の教会員の書類綴りがあって、牧師は着任後目を通していると思ったら、現教会員全員については目を通してはいないそう。

意外だった。

学校で言ったら担任的な存在なのだから、教会員ひとりひとりについて知るのが務めだと思っていた。

赴任して丸3年なのだが・・

まあ

前の牧師は20年近い任期中、私は殆ど話した事がないので、それに比べれば、はるかに親身なのかもしれない。

ともかく、当時の書類を一旦お預けし、その後については簡単に話した。

そして

・教会のお墓に入れて貰う申込書を頂き、費用や手順を伺った。

私は、葬儀や手続きの手間が申し訳ないから、直葬を希望すると言ったら、

「きちんと見送りたいと思う残された者の気持ちも考えて欲しい」

私のようなひとり者で、遠方の身内を当てにできない教会員がいるのだが、すでに葬儀の費用を教会に預けているそう。

「手筈を整えた上で、『よろしくお願いします』が良いのではありませんか」

と言われ、なるほどと思った。

少し考えよう。

お墓の申込書と共に、受洗時に提出した履歴書にその後を加えた自分史を整理した物を提出するつもり。

要するに

エンディングノート

図らずも受洗時に提出した履歴書がとてもコンパクトな自分史になっていた事を発見したのだ。

それをシンプルにすると、葬儀のプログラムに載せる故人の略歴になるという事。

 

お越しいただきありがとうございます

よろしければクリック応援をお願いします   

にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

少し生産的な事をした

寒いと普通の靴下の上に毛糸の室内履きを履く。

自分で編んだ物だが、いまひとつ気に入らないまま履いていた。

そうだ!作ろう!

YouTubeで探したがピンとくるのがなく、以前教会のバザーでお付き合いで買い、使っていないのがあったのを思い出した。

じゃあそれを使えばよいのだが、それを真似して、手持ちの毛糸で何足か作ろうと考えた。

毛糸の太さが違うので、目数や段数を変え編んだりほどいたりして1足目完成。

(少し大きさが違うように見えますが同じですよ(笑))

 

編み物はどちらかと言うとかぎ針編みより棒針編みが好きだ。
パイナップル編み(で良いのかな?)ってなかなか面白い。

編み物は生産的(笑)

ただ、問題はその後。

貰ってくれる人がいるかな~

 

お越しいただきありがとうございます

よろしければクリック応援をお願いします   

にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

雪の朝 今週は忙しい

朝起きたら外は雪景色

私の感覚では20cm(実際はもっと少ない(笑))

門の郵便受けまではなんとか雪かきしたが、水分を含んだ重い雪なので、それ以上は諦めた。

先週の振り替えでマッサージの日だったので、門の前の坂道の雪かきをしなければならないが、しない。1ヵ月前の反省である。

マッサージの方に

近くのスーパーに駐車してきて下さい

と、メールした。

明日はヘルパーさんが来る日だ。

溶けていますように。

先週の検査入院後、もう1週間経つのに、有益な事、生産的な事を何一つしていない。

あぁ自己嫌悪

 

世の中は株価がバブルの時の高値を抜いたと騒いでいるが、

だから?

これからどうなるの?

私達の生活にどう関係するのかよく分からない。

真面目に資産運用すればよかったのだろうが、今更遅いしね。

 

昨日はかつての職場の先輩で山師匠の友人がお喋りに来た。

今日でなくて良かった。この雪では来て頂くわけにはいかなかったから。

老後どこで生活するか、お金を誰にどう残すか(残っているか怪しいが)、等々ホント年寄りあるある(笑)

私より10歳も上なのに、遥かに元気なのが羨ましい。

 

お越しいただきありがとうございます

よろしければクリック応援をお願いします   

にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ

2週間ぶりのディサービス

祝日が入ったので久しぶりだった。

いつもお喋りする高齢の女性と隣に座るタイミングがあり嬉しかった。

最近お会いしなくなった穏やかな男性、スタッフに聞いたら、1日のディサービスに移られたそうだ。残念。

もうひとり、周囲に迷惑?と心配しながらもお喋りに盛り上がる女性は御家族の都合で中期のショートスティに入られたそう。これも寂しい。

最近何人か新しく入られて、雰囲気が少し変わった。

中に

話が通じていない?

と思う方が2人おられて、見ていたら、耳が遠いらしい事がわかった。

私も良く聴こえないのに、適当に相槌を打つことがあったのだが、これはお互いに良くないなと思った。

改めて、真面目に補聴器の購入を考えようと思う。

人の振り見て我が振り直せ(ちょっと意味が違う?(笑))

 

お越しいただきありがとうございます

よろしければクリック応援をお願いします   

にほんブログ村 シニア日記ブログへ   にほんブログ村 シニア日記ブログ 70歳代へ