読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケツァールの時々日記

米寿の母が胃癌になった!治った!の話から始めましょう

未破裂脳動脈瘤 その13 2年目フォロー検査入院

入院準備についてはこちらの記事参照 

quetzal2013.hatenablog.co

入院

1日目

姉は仕事の都合があり後半の担当。弟は午前中に到着するが、入院には付き合わなくて良いと言ってあったので、ひとりで公共交通機関で入院。

入院物品レンタルのおかげで大荷物にならなかった。後の洗濯の事等も考えると、手間が減って確かに良い面もある。

受付を済ませ、身長体重測定後、病室へ。病院の都合で個室だった。

病衣に着替え、問診、血圧測定、採血、採尿。

CT、レントゲン(胸部、頭部)

弟からメール 父方の叔父他界の知らせ

数年前脳梗塞でこの病院に救急搬送され、意識不明のまま、長期療養型の病院に転院し、長い入院生活を送っていた。弟は帰る日を1日延ばし、姉はもともと来ることになっていたので、母、姉、弟は葬儀から火葬、法事まで出席できることになった。母、弟は通夜も。地元の私が出席できない皮肉なめぐり合わせ。子供の頃から可愛がってもらった叔父だったのに・・悲しい。この病院に何度か見舞いに来たのだった。

2日目 検査9時30分~

朝食もないし、だ~れも来ない。ぼうっとテレビを観ていた。

9時近くになって、ようやく手術のいでたちの看護師が来て、てきぱきとあっという間に準備。準備の途中に弟到着。外で待っていてもらう。

間もなく検査へ。1時間位で終了。止血処置の後病室へ。

2時間あるので、その間に弟は喪服を買いに外出。義妹へ連絡をとれたのが遅くなり、宅配が間に合わないので、買わなければならなくなった。予定外の出費で気の毒。

飲食OKとなり、弟介助で食事。なんと1年前と同じ献立だった!検査後の食事って同じなのかな?中年?(老年?)の男性が食事介助をしている図というのは、客観的には他の人に見せたくないというか、申し訳ないので、個室でよかった!

食事の後弟は帰って、母と、叔父の通夜に行った。

なんとか6時間を過ごし、解放された。

洗面所で、洗髪してさっぱり。

3日目

f:id:quetzal2013:20170308192436j:plain

病室が東向きだったので朝日がきれいだった。

MRI 

入浴

弟は法事まで出て帰ったとの事。

4日目

姉が来て、一緒に医師の話を聞く。

瘤の入口に少し血液のにじみがあるが、1年前と同じなので、次は1年後外来のMRIでよいとの事だった。

支払いを済ませ、姉運転の車で帰宅。

今回の支払いは限度額適用認定証を必要としなかった。

住民税非課税と課税を行ったり来たりしているので、しかたがない。

姉は夕方帰っていった。

検査入院終了

個室は

寂しい! 他の人とおしゃべりができない。

     人間観察ができない。

     私に用事のある人しか来ない(あたりまえ)。

気を遣わない  音を出してテレビやラジオを視聴できる!

        落ち着いてトイレにいられる(笑)

        見舞客と気兼ねなく話ができる。

物騒 貴重品を置いて病室を空けられない。戸を閉めたら分からない。人目がない。

 

入院グッズ

今回初めて、モバイルルーターと共にタブレットを持ち込んだ。その為、読書やテレビの時間が減った。私はスマートホンを持たないが、去年から、タブレットで、ラインをしたり、ネットを見たりするようになった。ブログの投稿もするが、入力に時間がかかるのが難点。皆様のブログをよく読む。

保険給付手続き終了

今回は忘れずに入院中に頼んだ。診断書代7560円也。高いね。

前回と同じ45000円(5000円×4+25000円)

 

つづく

 

お読みいただきありがとうございます。

よろしければクリックをお願いします。