ケツァールの時々日記

米寿の母が胃癌になった!治った!の話から始めましょう

親より先に逝く可能性だって零じゃない

数日前から時々右腕が痺れる。

最初、

脳梗塞

と思った。

でも、握力はある。ずっとじゃない。呂律がまわらなくなるとかもない。

違うな。

昨日整形外科に行った時に医師に話した。

症状を聞いて、首を動かしたり、肘の辺りを軽く叩いたり、指を輪っかにして引っ張ったりした。特に問題ないようだった。

いつもの電気かけとウォーターベッドの治療で帰って来た。

 

ふと考えた。親より先に逝く可能性だって零じゃない。

私がもし先に逝った場合、後の事は姉や弟が(元気だったとして)考えるだろうからよいとして、

私が何か急な症状で倒れる可能性だってあるわけだ。

未破裂脳動脈瘤の治療を受けて一安心ではなかった。今更ながら気付いた。

その時の段取りを考えていない。

姉も弟も県外、すぐには駆け付けられない。

私がどうにかなった時、母は必要な所に必要な連絡ができるだろうか。

微妙・・・

緊急時の対応を電話の所など日頃見える所に貼っておこうと改めて思った。

その話をチラッとしたら、母は「冗談はやめて」と少し怒り気味に言っていた。

(冗談ではないのだけれど・・自分に都合良くしか物事を考えない母、娘が倒れたり先に逝く話等考えたくもないよね)

 

外出時は、バッグに緊急時の連絡先、かかりつけ医の情報を書いたカードを入れているので、たぶん大丈夫。

 一方

無事(笑)母を見送った場合、後の自分の老後も真面目に考えないと・・

また断捨離に精を出そう!

 

昨夜からこちらも約20cmの大雪。早起きして雪かきしました。

関東の皆様慣れないと大変でしょうね。お見舞い申し上げます。

f:id:quetzal2013:20180123102524j:plain

よろしければクリック応援をお願いします

  

お年玉付き年賀状の話・・(我が家も)1 枚も当たらなかった!

母と私の年賀状は、約100枚。

最低当たる割合程度は切手は当たっていたのに、今回は1 枚も当たらなかった。

初めての事である。母曰く

「きっと今年は悪い事にも当たらないだろうから良かったね」

物は考えよう。

昔、デパートの初売りで自転車が当たった事がある、人生で一番のクジ運である。

母はその時、

「良かったね。でも悪い事にも当たるかもしれないから気を付けて」と言っていたっけ。幸いその年に悪い事に当たる事はなかった。

 その頃、何かのくじでLP(映画「卒業」のOSTサイモン&ガーファンクル)が当たったり、図書券を当てた事もあった。たぶんその頃に私の運を使い果たしたのだろう(笑)。

 

 

野菜が高いので、豆苗を買った。刈り取って(笑)食べた。

豆がまだ生き生きしていたので、水を入れて窓辺に置いたら、見る見る成長した。生命力に感動! 

f:id:quetzal2013:20180119111953j:plain

 

よろしければクリック応援をお願いします

  

また里山歩き

ひとりではなかなか腰が重いので、またツァーに参加した。

距離約14km、累積標高差登り約640m下り約610m いくつかのピークに初登頂(笑)

天気が良く直線距離で150km前後離れた遥か遠くの山並みまで見えた。

少人数で、ガイド、スタッフ共馴染みのある方々で、とても気持の良い里山歩きだった。それなりにアップダウンがあって、この時期のトレーニングとして丁度良かった。

ただ

ひとり遅れ気味の女性がいて、それはそれでよいのだが(私がいつ皆の足を引っ張る立場にならないとは限らないから)、御本人は自覚があるのかないのか、遅れ気味なのに、片手にストック、片手にカメラを持って歩いている。歩く時は歩く事に集中するのは山歩きの常識なのに・・ ちょっとイラついた。

などと人の事を心配している場合ではない(笑)。この日私は2回も転んでしまった!

怪我をするような場所や状況ではなかったが、集中力が途切れると、こうなる。

山を歩いていると大抵一度は転ぶ。私の山歩きの最大の課題である。

 

直線距離で130km位離れた、標高1600m位の山

f:id:quetzal2013:20180121190915j:plain

さらに遠い隣の県の山並み 花がとても綺麗な山 若い時に登ったが、山が深くて今はちょっと無理

f:id:quetzal2013:20180121191211j:plain

海も綺麗だった

f:id:quetzal2013:20180121191428j:plain

 

 よろしければクリック応援をお願いします

   にほんブログ村 アウトドアブログ 軽登山・トレッキングへ

母のカルチャーに付き合った話と無料のDVDプレイヤーソフトの話

水曜日、雨だったので、母のカルチャーに付き合って、街に出た。

母の杖歩行は危なっかしくなっているが、ひとりの外出を止めたら、ますます歩けなくなるだろうと思うので、外出機会は減らしたくない。天気が悪い時は、やはり心配なのでサポートする。車で一緒に行って、ランチをして、母がカルチャーの間私は(ウィンドウ)ショッピングをする。駐車場からアーケード街を歩くのは、良い歩行リハビリである。私の腕につかまって杖歩行をする。かなりしがみつく。せっかく介助しているので、

「引きずらないで、もっと足を上げて歩く!」

鬼娘の叱咤激励を、母は、殆ど無視(笑)。

家では

「つかまる所があるのだから、つかまってきちんと歩く!」

骨折後自宅でのリハビリ開始後繰り返し言ったが、殆ど無視された。

しまいには怒り出すので、家庭平和の為(笑)めったに言わなくなった。

ディサービスでアドバイスされた事は、感心して、2~3日(だけ)実践する。

母はもっと向上心のある、根性のある人だと思っていたが、年のせいか、自分を正当化ばかりするようになった。

私は母の年齢になった事がないので(笑)、彼女の思考回路が理解できない。

そのまま受け入れるしかない。

機能低下をできるだけ阻止すべく、サポートしよう!

 

時間をつぶすのに、本屋に入った。そこで立ち読みしたのが

”Windows10の活用術”関連の雑誌をいくつか。

中で、DVDプレイヤーのフリーソフトのお薦めというのがあった。

MPC-BEという。他にもいくつか。”ただ”に飛びついて良いものか?

この前、DVD-Rに移したのをパソコンで見る事ができるようになるだろうか。

関係ないかな?よくわからん。考え中。

弟に聞く手もあるが、弟は、私を姉と思っていないので(未だかつて”ちゃん”付けの名前でしか呼ばれた事がない。姉貴と呼ぶのは姉だけ。義妹に、『お姉さん』と呼ばれた時は、最初誰の事かと思った(笑))、タイミングが悪いとうるさがられて怒られる。親族の中の力関係が垣間見えるのでは?

 

そうそう母のカルチャーはピアノ。12~3年になる。教室の最高齢で、最近は年々易しいテキストになっていた。今は新しいテキストを使わずに、以前のテキストから弾きたい曲を選んで練習しているそうだ。私はノ-タッチ。以前はリズムが滅茶滅茶とかが気になって、訂正していたが、これも家庭平和の為(笑)反応しない事にした。教えてと言われる時だけ教える。出掛けたついでにデパ地下で魚や総菜を買うのが主な目的なので、上達は望んでいないそうで、先生もご承知だそう。最初は発表会に出たりして、それなりに弾けたのだが・・

 

庭の常連さん ヤマバト いつもつがいで来るのだが今日はどうしたの?

f:id:quetzal2013:20180119112639j:plain

よろしければクリック応援をお願いします

  

珍しく本の話 

「看取り先生の遺言」

2000人以上を看取った、がん専門医の「往生伝」

 

友人が昨年暮れに貸してくれた本です。昨日2日かけて読み終わりました。

癌の治療について、ずいぶんと専門的な話が出てきますが、それはそれでなるほどと思います。

看取った多くの患者さんの話、御自身の癌の話、津波で亡くなったスタッフ(看護師)の話、山で遭難したボランティアの学生の話、胸に迫ります。

 

感想文の苦手な私なので、気の利いた事を書けません。

「死」「癌」「看取り」「在宅介護」等に興味関心のある方へお薦めします。

 

前職を辞めて次の職業の候補のひとつが「福祉」でした。

関連する資格をとり、福祉業界で仕事をしていましたので、胸に迫る度合いが強かったかもしれません。

それと身近な人達の事を思い出したから。

 

義兄(8年前68歳大腸癌で他界、在宅で家族が看取りました。)

亡くなる何日か前に、話をしに行った時、ろくな話ができませんでした。帰った後、「もう帰ったのか」と言っていたと聞きました。もっと話をしたかったらしいです。とても悔いが残っています。私が高校生の頃には、家に出入りしていて、可愛がってもらいましたので、思い出すと辛いです。仕事では、末期の方とお話しする機会もあって、いろいろ話ができたはずなのに、身内だと難しいですね。

 

父(81歳1年半の入院の末他界) 

脳梗塞で入院、退院、再入院、胃ろう造設等々。折々の決断で別の対応をすべきだったのではないだろうか?判断の間違いで、寿命を縮めたのでは?等々考えます。

 

津波で亡くなった知人の事

母位の年齢でした。この年齢まで生きてきたのに、なんで津波で命を落とさなければならなかったのだろうか。神の計画?なんで?

(従弟は海沿いの職場だったのにその日たまたま内陸に出張で難をのがれました。逆のパターンで亡くなられた方もいます。)

 

去年58歳で亡くなった友人の事

彼女は信仰の支えがありました。この本の医師も臨床宗教師の重要性を説いています。

 

去年の一枚 里山いろいろ

f:id:quetzal2013:20180119005931j:plain

よろしければクリック応援をお願いします

  

”NGO”の話

25年前、それまでの20年間の職業を辞めるにあたって、次の職業の候補をいくつか考えた。ひとつが当時興味を持っていた、

”南北問題” 第三世界開発途上国発展途上国)との格差をなくす、または縮める為には何ができるだろうか。国際協力はどうあるべきか。

それらにかかわる仕事ができないだろうか?

それで無職の時、東京に高速バスで定期的に通って、国際協力の勉強会に出たりして、意欲的な大学生や若い社会人と出会った。いくつかのNGO( Non-governmental Organization の頭文字を取った略称で、日本では「非政府組織」と訳されている)を知った。海外青年協力隊のシニア版がある事も知った。

当時知り合った人たちとのつながりは貴重だった。

バングラデシュ、タイの奥地のカレン族の村、カンボジアの奥地へのスタディツァー、南アフリカ共和国等に行けたのは、この時の人のつながり由縁だった。

 

ただ、

ほんの少々勉強した結果、私などとてもとても仕事として考えるレベルではない事を思い知った。第一、私には語学のセンスがなかった!

当時無職で、自分の生活設計もできていない人間が、何が海外協力か!とも思った。

それで、仕事にする事は早々に諦めて、NGOの会員として、市民レベルでできる活動をしようと思った。地元で同じ思いの仲間も見つけた。活動をしながら、別候補の職業に就くべくそちらの勉強もした。

そして就職して、その後フルタイムの立場になってからは仕事が忙しく市民活動はできなくなった(正確には「しなくなった」)。かろうじてふたつのNGOの継続会員だけである。

会員であるというだけだが、世界に目を向けるきっかけにはちょっとだけなっているかな。ほんのちょっと、本当にほんのちょっとだ。情けない・・

 シャプラニール

 JVC(日本国際ボランティアセンター)   

                            興味をお持ちでしたら検索してみて下さい

年会費は12000円、10000円、夏季や冬季の寄付をする事もある、去年はそれぞれ5000円ずつ寄付した。年会費と寄付で、32000円は多いのか少ないのか。

 

去年の今頃の1枚

f:id:quetzal2013:20180116211210j:plain</p

よろしければクリック応援をお願いします

  

バーゲンで買物🎶 気がついたら姉のマネをしていた。

今日は隔週のカルチャーで街に出る日。

冬物クリアランスセールの時期なので何か買えたらいいなと思って、デパートへ行った。

今気に入りの薄手のダウンジャケットがくたびれてきたので、薄手のコートが欲しいなと思っていた。あと、やはり今着ている薄手のセーターがくたびれてきたので、1枚買って世代交代をしようと思っていた。

それぞれ良い物が見つかってお手頃価格で買えた。

コート10000円 店員さん曰くバーゲン開始時は16000円だったのを値下げしたのでとてもお買い得ですよとの事だった。

セーター5000円 これもイメージ通り。

株主優待で10%引き 9720円 4860円 だった。

出掛ける前は、ひとりランチの後、スポーツ用品店にも行って・・と考えていたが、人疲れしたし、荷物が多くなったので、デパ地下でいつもの総菜を買って、帰る事にした。

帰る道すがら、つらつら考えたら、コートが姉が年末着てきた新しいコートに似ていた事に気付いた。

子供の頃から、何事においても敵わなかった姉に対するコンプレックスストと共に、姉の影響を受けてきた性分が未だに抜けないようだ。

服の好みはかなり違い(姉は割に派手、私は地味め)、体型も同じ痩せ型でもやや違うので、服に関しては影響を受ける事は殆どなかったのだが・・

姉の目に触れないようにしよう(笑)

 あっそうだ、大きな違い。姉のコートはたぶん3~4万円。下手するともっとかも(笑) 聞いていないけど。

 

母が咲かせたラン

f:id:quetzal2013:20180115211938j:plain

よろしければクリック応援をお願いします