ケツァールの時々日記

米寿の母が胃癌になった!治った!の話から始めましょう

母を見ていて思う事 その3

 アルツハイマー認知症の薬ができたそうですね。

 

とても高額だそうで、今後どうなるのでしょうか。

 

母は脳血管性認知症ですし、今更ですね。

 

今の母に年齢を聞くと、

30歳 とか

60歳 とか

適当に答えます。

生年月日はスラスラ答えます。

娘息子の名前は覚えています。

孫、曽孫は無理です。

最近はいろいろ聞くと

「何でそんな事を聞くの?」

とか

 「そんなの分からないよ」

など、不機嫌になったり、怒り出しそうになるので、深追いしないようにしています。

認知症でも、プライドがあります。本人の気持ちを無視するような、軽んじるような言動があると、本人は敏感に感じるようです。

 

認知症というのは、ある意味、神様のプレゼントではないかしらと思う事があります。

身体の自由が利かなくなって、衣食住生活のすべてに人の手を借りなければならない事、特に排泄では、正気だったら辛い事でしょうね。認知症になって良かった。とも言えます。

 

 ただ悲しいのは

母の人生は1年前脳梗塞で倒れた時点でストップしてしまった事。

その後の日々は、母にとってどういう意味を持つのでしょう。

 

母は今日から3泊お泊りです。

今日の昼食は自分で作った海鮮、キャベツ、ネギ、卵のチヂミ。

夕食はセブンプレミアムの192円のビーフカレー(美味しかった!)ちくわ、ウィンナソーセージ、ピーマン炒め

カレーは”金の・・・”シリーズではありませんが、とても美味しかった!

月に2回位ネットスーパーを利用するのですが、今回は介護食を約2000円、その他お菓子、レトルトカレー等で総額約3500円でした。

配達料330円レジ袋代5円を払っても、便利です。出歩かなくても良いというのは有難い事です。

 

タイムの花

f:id:quetzal2013:20210611194511j:plain

 

 

よろしければクリック応援をお願いします