ケツァールの時々日記

米寿の母が胃癌になった!治った!の話から始めましょう

2ヵ月ぶりに運転しました

真冬に1ヵ月ちょっと車を動かしていません。

バッテリーあがりでエンジンもかからなかったりして。

教会員で整形外科の背骨専門の医師がいる事を最近知りました。整形外科の医師である事は知っていましたが、背骨専門とは知りませんでした。知っていたとしても相談するつもりはありませんでしたけどね。

状態が悪くなってから、友人から、

「良い接骨院があるから行ってみない?」

等の情報がいくつかありましたが、もう、そのレベルではない事はわかっていたので、お礼だけ言って話にのる事はありませんでした。

教会員の医師にも、もっともっと早い時期だったら相談できたかもしれませんが、時遅しでした。

先日、礼拝の後の集まりで、その人と話す機会があり、術後の生活についてアドバイスをもらいました。

幅広いコルセットをしているし、身体をひねった時に動くのは胸椎だから、あまり心配しなくても良いそうです。

運転も大丈夫だそうです。(主治医のお許しも出ていました)

それを聞いて、

運転してみようと思いました。

そして決行!

エンジンは問題なくかかり、

自宅周辺5km位をひとまわり。

角を曲がるのが身体の動きがギクシャクして少し怖いです。

どうしようかな?

 

知人のお連れ合いがやはり脊柱管狭窄症の手術を受けたそうですが、退院後もリハビリに通院して、結構身体を動かしていたとか。車の運転もすぐにしていたと。

病院によって色々なのですね。

病状も人それぞれでしょうから一概に言えませんね。

 

よろしければクリック応援をお願いします