読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ケツァールの時々日記

米寿の母が胃癌になった!治った!の話から始めましょう

介護認定更新 その1

介護 胃癌

今月は介護保険の更新月。先月末地域包括支援センターの担当者と電話で話した時、外科の担当医師の名前を聞かれたので、主治医は整形外科の医師のままで、と答えた。胃癌がわかってから、整形外科を受診していないが、意見書を書いてもらうなら、認定を受けるきっかけになった大腿骨骨折時、治療を担当した整形外科の医師だろう。半年位受診していないので、書類は自宅に送ってもらい、受診時直接頼む事にする。

 

整形外科の医師に一言申し上げたい!(直接話す度胸はないのでここだけの話)

胃の調子が悪いと訴えた時、すぐに内科に回してくれた事には感謝!

その日はレントゲンを撮ったので、1週間後に結果を聞きに来るように言われた。診察日はその後決まった検査と検査の間の日だったので、内科の看護師に、整形外科の予約日時を変更してもらった。

その日はCT検査だった。検査の後、整形外科に回った。

名前を呼ばれた。

医師 最近どうですか?お変わりありませんか?

私  大ありです!! 云々かんぬん・・・ 

   当面整形外科の受診は休みますので、次回の予約は不要です。薬も要りません。

レントゲンの結果を聞きに来いと言ったのも、内科に回したのも、先生でしょう!!患者を呼び入れる前に、カルテに目を通すくらいして欲しい。色々な検査の真っただ中で、不安いっぱいに過ごしている者にとってはしんどかった。

 

なので、本音は受診を再開したくない。でもこれからも胃を診てもらわなければならないので、病院を変えるわけにいかない。しかたがない。

受診した時、骨粗鬆症の薬を断ろうと思っている。週に1回朝食前に服用し、30分間横にならないで、という薬。胃の具合が悪いと整形外科の医師に訴えた時、「この薬が関係しているのでは?」と聞いたら、「関係ない」と言われたそうだが、胃癌の後再開する気になれない。